葬儀の内容を知る

十字架

故人を送り出す際には葬儀を行うことが一般的ですが、葬儀はかなりの費用が掛かることが普通です。一般的な葬儀費用は約300万円ほどであり、これはお通夜から仮想までの合計金額で、その中には、葬儀本体の費用の他に寺院に支払う費用や食事接待の費用、さらには遺体を運ぶ際の手数料など様々な内訳があります。 しかし、葬儀費用を格安に抑えるシンプル葬儀というものがあります。シンプル葬儀とは、本当に必要なことだけを行い、食事代や会場代などをできる限り安く抑えた葬儀です。葬儀費用はシンプル葬儀の場合には、約30万円ほどに抑えられることが多いようです。 シンプル葬儀は、故人にとって不謹慎だという意見もありますが、葬儀費用を安く抑えることで、故人が残した遺産を最大限に活用することができる、ということで利用者が増加しています。

日本消費者協会によるアンケートでは、葬儀費用は2007年の時点では全国平均が約230万だったのが、2010年には約200万円ほどまで下がってきているという結果が出てきています。そのことからわかるように葬儀費用を安くしようという傾向があります。 葬儀費用が安くなる一因と考えられるのは家族葬などの小さな葬儀を選択する人が増えているということです。高齢者社会になることによって参列者の人数が少なっているというのも葬儀を小さくしたいと希望する人が増える理由です。 また現在ではお通夜を行わない1日葬やお通夜や告別式を行わず、火葬のみの火葬式など葬儀費用の安いプランなどが認知されることによってお葬式のプランの選択肢も増えてきています。