あらかじめ準備する

墓地

近年、「終活」という言葉がマスコミでよく取り上げられます。これは、人生の終わり方について自ら考えるという活動のことで、人生プランを練ったり、人生の最期であるお葬式について考えたりします。この影響もあって、近年ではお葬式の準備を生前に自ら行うという方が増えています。 お葬式の準備と一口に言ってもいろいろな事柄があります。どういったお葬式にしたいのかについてまずは考えます。多くの方に見送られたい・家族葬や密葬でひっそりと行ってほしい・趣味の品を飾ってほしいなど、様々な要望があることでしょう。また、具体的な準備もあります。利用可能な葬儀社を選ぶ・生前に遺影を取るといった行動を取る方は多いものです。特に葬儀社を選んでおくことは、本人にとっても遺族にとっても非常に有効です。万が一の際における準備が格段にスムーズですし、遺族の負担も軽減されます。

お葬式には高額な費用がかかることがあります。近年ではお葬式の規模が縮小傾向にあるため平均的な費用は下落傾向ですが、それでも100〜150万円程度のお金がかかることは少なくありません。一方で、葬儀費用を安く抑えたいという要望が顕著になってきていることから、葬儀社では様々なプランを準備しています。 そうした葬儀プランの紹介はホームページなどでも行われていますが、便利な事前相談サービスもあります。一般的なプランの紹介だけでなく、会葬者の人数や祭壇・棺のランクなどに応じた具体的なプランを立てたシュミレーションも可能です。実際に則した準備ができるため効率的です。なにより、実際に葬儀社の方と接することで、信頼できるかどうかが判断できます。